いつか人が来た時に使おうと思っている物は、結局人が来ても使うことがない

インテリア・DIY・片付け
スポンサーリンク

帰省していた妹たちが、母を連れて関東に帰って行った。

静かになったはいいが、出していた布団を片付けなくてはいけないので、干したり、またコインランドリーに行ったりと大変なのである。

出すのも大変(そう)だったが( ̄Д ̄)ノ ダスノハテツダッテイナイ!

今回、タンスの中で眠っている布団を全て使ったではない。

思ったのが、人が来た時に使うかもしれないという心配をしてたくさんの物を所有するよりも、人が来ても余裕のあるスペースを確保する方がよっぽど大事なんではないかと思った次第である。

実家では普段は私と両親(と猫のメリー)が暮らしているが、お正月には妹と中学生になる姪っ子っと小学生の甥っ子、それに大型犬2頭が加わって、カオスであった。

まず、妹たちの荷物を置く場所がないので、帰省中はコタツの上にずっと荷物が鎮座していたのである。

おまけにコタツの中はワンコ。( ̄Д ̄)ノ

布団は3組タンスから引っ張り出し、私と母の寝室に1組ずつ布団を敷き、さらにリビングに夜だけ布団を敷いて、まさに足の踏み場もない状態といった感じ。

それ以上は、人数が増えても布団を敷くスペースがないことは確かなのに、なぜか実家にはまだまだ使っていない布団が眠っている。

実家に戻った時に打ち直したら使える(と母が言っていた)昔の布団が、私が使っている部屋の押入れに入れられたままになっているのだが、やっぱり今後も使うことはなさそう。

開かずの間のようになっとるしな。( ;∀;)

布団だけではない。食器も母はここぞとばかりに普段使わない皿を出してきたが、なんせ量が多すぎる。

やっぱり食器棚ひとつ分くらいマルッと処分したとしても、人が来ても困るということはなさそうであった。

実家の片付けは諦めていたはずなのに、あまりのカオスっぷりに「ほら!ほら!やっぱり人が来ても困らないじゃん!!」と、口を尖らせて言いたくなった。

が、言ったとしても雰囲気が悪くなるだけなので、ぐっと我慢。

今度は、ひ孫も一緒に泊まりにくるかもしれない!!とか言い出しそうであるし。

そりゃ人が増えれば、普段よりは使う。でも、布団や食器も並べるスペースを考えることの方が先だと思った。

いつか人が来た時に使おうと思っている物を処分しても、きっと困ることはないと確信した、えみ子さんなのであった。

ではでは。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました