さつまいもダイエット

スポンサーリンク

私は、人生で何度ダイエットに失敗したのか分からないくらいの、万年ダイエッターである。

もういい歳だし、痩せることは諦めて、森久美子さんのように明るい朗らかなキャラクターで生きていけばいいではないか!!と思うのだが、おしゃれな洋服が着たいという願望がまだ捨てきれていない。

それが、女心ってもんでしょう?( ̄Д ̄)ノ

しかし、食べるのがやめられない!!

動くと腹が減ってくる、何と燃費の悪い体・・・。

最近では特に、コーヒーと甘いものを食べるのが至福の時間となっているのだが、せめて罪悪感のない甘い食べものはないものかと考えて、思い出したのが、さつまいもなのである。

以前、韓国の女優さんだったか、タレントさんだったかが、お腹が空いた時は、さつまいもを食べているという話を聞いたことがあった。

さつまいもというと、炭水化物で太るというイメージを持っていたので、聞いた時はおったまげであった。

しかし、さつまいもは食物繊維が豊富なので便通の改善にもなるし、カリウムも含んでいるのでむくみ解消にも効果があるそうな。

おまけに美肌に欠かせない、ビタミンも豊富ときたもんだ( ̄ー ̄)b

さつまいもは白米と同じくらいのカロリーがあるそうだが、脂肪分や添加物は含まれていないし、このような体にいい栄養素を体に取り込むメリットの方が大きいってことなんだろう。

韓国の女優さんって、みんなお肌がピカピカ光っているもんなぁ。(うらやましい)

確かに、砂糖がたっぷり入ったクッキーやら、生クリームいっぱいのケーキやらを食べるより、さつまいもの方が健康的な感じ。

しかも、さつまいもって、今が旬ではないかっ!

今がさつまいもダイエットを始めるには、ベストな時期に間違いなかろう・・・ということで、スーパーの芋売り場へ行ってみたら、立派なさつまいもが山盛りに売っており、しかも(ケーキのようなスイーツよりよっぽど)お手頃の値段。

早速さつまいもを買ってきて、蒸してみると、超美味しそう。

これなら、いつものおやつの代わりに、イケる!!イケるぞぉ〜〜!!と思って、あっという間にいもを平らげてしまった、ワタクシ。

が、平らげてしまった後で調べてみると、さつまいもをダイエット食として食べる時は、蒸したさつまいもを一度冷やしてから食べた方がいいという、事実が発覚。

一度冷やすことで、さつまいものデンプンがレジスタントスターチという成分に変わり、これが血糖値の急上昇を抑え、便秘にも効果があるそうな。

なんで食べる前に、もっとちゃんと調べなかったんだろう・・・?( ゚д゚)

そんなことも知らず、蒸したての熱々を喜んで食べてしまったよ・・・何なら、バターを付けて食べたらもっと美味しいだろうけど、塩で我慢した私、えらい!!くらいに思っていたよ・・・。

だから、ぽっちゃりなんだろうけど。

でも、久しぶりにさつまいもを蒸して食べてみると、腹持ちが良すぎて、夕食抜きにしても朝まで耐えられるかも?と思えるくらいだったし、便秘がめでたく解消された。

痩せている人がおやつとして食べてるくらいなので、きっと食べ方や食べる時間がポイントなんだろうな。(それと量)

添加物てんこ盛りのお菓子よりずっと良いってことで、もう少しおやつの代わりにさつまいもを食べ続けてみよう。

今度は、ちゃんと冷やしてから食そうと思う、えみ子さんなのであった。

ではでは。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

コメント

  1. とまと より:

    なるほど。確かにさつまいも🍠はいいですね。しかし蒸し上がったらすぐに食べたいものです。私も最近なるべくお菓子を控えるようにしていますが、小腹が空くとつい食べてしまいます。。グルテンフリーになりたいと思うのですが、これはさすがに無理そうです。パン、パスタ、クッキー、ケーキ…誘惑が多いです。

タイトルとURLをコピーしました