中年女は脱・黒い服を目指す

独り言
スポンサーリンク

噂で、アラフォーになったあたりから、何を着ても似合わなくなるという話をよく聞いていた。

若い頃はそんな話を「ふーん」と、どこか人ごとのように聞いていたのだが、実際、アラフォーになってみると、自分の姿を試着室の鏡で見るたびにおったまげ。

本当に何を着ても似合わない!( ゚д゚)

何を着ても微妙ということが続くと何を着ていいのか分からなくなるので、とりあえずハズレではない、痩せて見えるであろう「黒い洋服」をチョイスしてしまいがち。

が、その「黒い洋服」は決して似合う服になることはないのである。

実家に戻る前に洋服の数を減らして、戻ってからも処分し続けていたら、さすがに着るものがなくなった。

いや、子供部屋おばさんとして生きるための洋服はあるのだが、アモーレな人が現れて、ちょっとランチにでも行けるような洋服が全くないのである。

これではいかん。よし!好きな洋服でタンスを埋めるぞ!という気持ちで、最近キルティングコートを購入したのだが、そこでいつもの「黒い洋服」と迷ってしまった。

私が気になったキルティングコートの色が、白と黒。

とりあえず試着してみたのだが、白い方は眩し過ぎて一生懸命オシャレぶっている人に見えるような気がして、やっぱり無難な黒い方がいいのかな?と思って、黒い方も試着してみたのだが、これがびっくりするくらい微妙なのである。

何度着てみても黒い方が太って見えるし、くすんで見える。

忘れていたのだが、私は黒が似合わないと人から言われたことがあったんだっけ?( ;∀;)

それでも毎回、うっかり黒を手に取ってしまうのは、やっぱり地味な色なので「似合わない」ということが非常に分かりにくいからなのである。

黒しか試着しなかったら「こんなもののような気がする」と思えるけど、最初に白を着てしまったので「やっぱり黒が変」ということに気が付く。

試着って超大事( ̄Д ̄)ノ

無事に白いキルティングコートを購入できたことだし、この調子で脱・黒い服、明るい色の洋服が似合う中年女になりたい・・・。

やっぱり洋服は自分の気分を上げてくれる、大事なものだと実感。

近年は、もう洋服はユニクロやGUで!となったり、いやいや、ここはあえて脱・ユニクロを・・・となったり、いい歳だから可愛い系よりかっこいい系の大人っぽい洋服を!!などと、洋服迷子になり過ぎて、もうなんでもいいやと投げやり気味であった。

それに、陰キャラなのにイケてるオシャレな中年女になりたいという願望そのものが、ちょっと恥ずかしいと思っていた。

しかし、少し前に60代の女性がSNSで上げていた「好きな服は着ていれば似合ってくる」という言葉がガツンと響いた、ワタクシ。

え?そーなの?( ゚д゚)

その女性は天海祐希のような女性でもなく、石田ゆり子のような女性でもない。

長い間、子供を育てながらパートで働き、化粧もしない、プチプラの洋服を着ていた普通の一般女性なのだが、ある日、自分の好きな服を着ると決めてから、パンクでロックなピンクの洋服を着るようになったそうな。

流行りは完全無視しているが、ダサくも見えないし、むしろカッコいい!( ̄∇ ̄)b

着続けているうちに、キャラとして確立していったという感じらしいのだが、私も(別にロックでピンクな洋服を着たい訳ではないが)そのマインドを見習いたいと思う、えみ子さんなのであった。

ではでは。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました