現状を親のせいにして生きる不幸

独り言
スポンサーリンク

現状が上手くいっていないと、つい人のせいにしてしまう。

おまけに、私はいい歳をして親のせいにしてしまいがちであった。

上手くいっていない現状を親のせいにして、いつまでも根に持ち、クヨクヨと悩み続けてしまっていたのだが、それは不幸になる生き方だと強く思う、今日この頃。

最近、新しい年も明けたというのに、モヤモヤした毎日を送ってしまっていた。

母が突然、関東に住む妹のところへ行ってしまった上、いつ帰るか全く分からないからである。

いつ帰るのか?という質問には答えたくないようで、のらりくらりしか返事をしてこない。

おかげで、(一人旅とか)色々やろうと思っていたことが宙ぶらりん状態であるし、父や猫のメリーの世話や生活費の全てを私の蓄えから支払うことになり、これがいつまで続くか分からない状態がものすごいストレス。

このままの状態が長く続いてすっからかんになって、1人旅行に行けなくなったりしないだろうな?!((((;゚Д゚)))))))

だんだんと、このパッとしない状態が父や母、妹のせいのような気になってくるし、おまけに昔のことまで思い出して負のループ。

学生の頃、癇癪持ちの妹がキレて手に負えなくなった時、母は「あんた(妹)と一緒に海に飛び込む!!」というようなことをよく言っていた。

母はその時、完全に私の存在を忘れていたと思うのだが、そのやりとりを見ていた私は、いつも母は親を早くに亡くすということがどんなに大変か泣いて訴えていたのに、そんなことされたら私はどうなるんだろう?あの何もできない父と取り残されてどうしたらいいんだろう?と、ものすごい不安になった記憶がある。

現状、そのまんまじゃんΣ(゚д゚lll)

つい、私がこんな目に遭っているのは妹がわがまますぎるからなんだ!母が私の迷惑を考えないからなんだ!父が何もできなさすぎるからなんだ!と考えてしまい、(心の)デスノートに母や父、妹の名前まで書き綴りたい気持ちになっていた。

しかし、そんなネガティブ全開の毎日を送っているとある日突然、我に帰る。

私はこんなねちっこいことを考えるために、仕事を辞めて実家に戻ったのではないのだが?

そう。私はこんな恨みごとをいつまでも言い続けるような人間になりたくなくて、身軽に生きるキラキラした女性に近づくための生き方改革をしていたハズ。

忘れてた!!( ゚д゚)

それに冷静に考えると、父が何もできないのも、母が人の迷惑を考えないのも、妹がわがままなの昔から知っていたし、それでも一旦実家に戻ることを選んだのは私自身。

そこのところを忘れて親のせいにしても現状が変わる訳ではないし、嫌なら自分で出ていけばいいだけのことである。

とりあえずは自分のことにフォーカスし、子供部屋おばさんを脱出すべく、キラキラした女性になるべく模索する方が幸せに近づくと思う、えみ子さんなのであった。

ではでは。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました